保存食の栄養

これは簡単、毎日取れる栄養たっぷり保存食

仕事や家事など、忙しいときはなかなかバランスの取れた食事が出来ないという人も多いものです。
そこで、時間があるときに日持ちする保存食を用意しておいて、毎日の食事の栄養バランスを整えるという方法がおすすめです。
忙しくて不足しがちになるは、野菜やたんぱく質などが多いので、そういったものを中心に調理しておくとよいです。
ひじきなどの乾物と豆類、野菜を組み合わせた炒め煮は冷蔵庫で4~5日持つので作っておくと平日の保存食として便利です。
また、できるだけ毎食食べたいサラダは、レタスにキャベツ、オニオンスライスやきゅうり、トマトなど数種類を洗って水気を切り食べやすく切ってタッパーに入れておくことで2~3日はフレッシュに保てます。
好みのドレッシングをかければいつでも栄養補給ができます。
他にも不足しがちなたんぱく質を補うために、ゆで卵をまとめて用意したり、ゆでた鶏肉などを常備しておくとサラダにトッピングしたりパンなどの一緒に栄養のある朝食がすぐに取れます。

生の食材より栄養価の高い保存食

保存食は、旬の食材を長期保存するために、干したり、漬けたり、燻したりして作られます。
代表的なものをあげると、切り干し大根、糠漬け、梅干し、鰹節、味噌などがあります。
天日で干すことによって、うまみ成分が作られたり栄養分が加わるほか、糠漬けにすることによって、ビタミンB1やビタミンB2などの成分も取り込めます。
生のまま食べるよりも、効率的に栄養素を体内に吸収することができます。
そして、ヨーグルトや味噌、納豆など、近頃話題の発酵食品も保存食の一種であり、体に良い影響を及ぼすことでも知られています。
毎日の食事に取り入れやすく、健康を保ったり、向上させるための大きな足掛かりとなります。
保存食は、縄文時代から作られており、日本において知られている最古の物は、縄文クッキーです。
イノシシやシカの肉と栗やクルミ、鳥の卵、酵母を加えて混ぜたものを焼いた食べ物で、分析の結果、非常に栄養価が高いことが解っています。

check

2015/12/17 更新

『保存食 栄養』 最新ツイート

@xlgbt_six

昆虫食のここがすごい! ・食の選択肢が増えて豊か ・高タンパクで栄養豊富 ・おいしい ・食感がいい ・乾燥させたものは長期保存できる ・道の脇にいつも食材がぴょんぴょん 昆虫食のここがだめ! ・昆虫食に難癖つけてくる人を昆虫と間違えて油で揚げがち😥

7時間前 - 2019年12月06日


@silverzippo56

昨日取り込んだ干し舞茸を一晩スープカップで戻し 戻し汁ごとお醤油ひとまわしにコショウ少々、5分レンチン。 寒いお腹にしみて泣きそうなほど美味かった! いやぁ、舞茸の出汁すんごい!保存食なのにすぐなくなりそう。 昔の人はすごいなぁ… https://t.co/rkR7Dp2UPy

8時間前 - 2019年12月06日


@kisa1446

@storia_tt97 そる粉 お菓子の材料などに用いられる炭水化物 挽き方や使用する部位によって使われ方が大きく変わるが主に全粒を使用した焼き菓子などが有名 栄養価も高いため保存食としても用いられる

9時間前 - 2019年12月06日