保存食の重要性

大規模事故や自然災害に備えた保存食の備蓄の重要性について

大規模事故や自然災害が発生した場合、ライフラインが切断されてしまう可能性が非常に高くなります。
ライフラインが切断されてしまった場合、完全に普及するまでには多くの時間を要しますので、それまでの間、日常生活のあらゆる面で不便を強いられます。
特に、食事の面では、リアルタイムで食料や水を確保することは、非常に困難を極めます。
そこで、日頃から防災対策の一環として、保存食や飲料水を備蓄しておくことが必要です。
これまでの保存食は、高価でありながら、バリエーションに乏しく、調理においても不便を強いられるというのが特徴的でしたが、最近では、和風から洋風までバリエーションが豊富になり、調理も簡単になったことから、価格に見合った商品ラインナップが大幅に増えました。
更に、味に関しても、美味しさが増していますので、防災意識を高めて、今から備蓄しておいたとしても、決して無駄になることはありません。
但し、ここで注意しなければならないのは、賞味期限をしっかり把握しておく必要があるということです。
基本的に、賞味期限が切れそうなものは、新しいものと入れ替える必要がありますのが、これは、保存食に限らず、飲料水に関しても同じことが言えます。

保存食でも炊いたような米を食べられる

多くの人にとって保存食といって最初に思いつくものは乾パンでしょう。
災害時に必要となる備蓄食料としても典型的なのは乾パンであり、長く保存できるという点から優れたものであるのは事実です。
しかし、日本人として考えてみるとパンよりもご飯が食べたいと思う人が多いのもまた事実でしょう。
パン食も世の中に広まっているとはいえ、ご飯を好まないという人は少なく、災害時のような元気を出さなければならないときのための食料だからこそご飯が欲しいという考えは世の中にありました。
その考えを受けて、保存食として食べられるご飯も登場してきています。
アルファ化米と呼ばれるご飯であり、水さえあれば柔らかくなって炊いたご飯のようにして食べられるものなのです。
もしお湯が準備できれば炊きたてご飯のようにして温かなご飯が食べられるということから有用な備蓄食料として広く採用されるようになってきています。
古くからあるほしいいとは異なり、炊いたご飯のようになることから試食会等でも人気が高く、米食を文化とする国での非常食として利用されていくと期待されています。
いざというときに少しでもおいしいものを食べて元気を出したいという気持ちが保存食の開発を進める力となっているのです。

Favorite

お見積もり無料!即日対応!

山口 不用品

アクリルディスプレイをお探しの方はおまかせください

アクリルディスプレイを購入する

2018/9/14 更新

『保存食』 最新ツイート

@akituikujinau56

子供が発熱したのはまぁいい。 土曜日しかも三連休までよく耐えてくれた。 しかし、旦那仕事で不在なのだ。 しかも冷凍庫の保存食を何故か放出してしまったのだ。 今日どうしよう的な?

8分前 - 2020年02月22日


@amechan_3

舅姑からすり寄られるたびに、母の手土産を捨てられたことや、母をバカにされたこと、私の作った料理に一切手を付けなかったこと、出産後の入院の留守中に私が作っておいていた保存食が全部処分されていたことなどが思い出されて余計に腹立たしさが倍増してくる。

10分前 - 2020年02月22日


@koromo_master

@yamanekolynx_2 保存食としても煮てよし焼いてよしでよく考えてあるよねぇw

12分前 - 2020年02月22日